最近よく思うこと

置かれている立場の違いが、ときにゴミをピカピカに磨くような、クソみたいな仕事を生み出してしまう。
クソはクソで、いくら磨いてもクソ以外の何ものにもならない。

厄介なのは、私には「それ」が、クソなのか、竜涎香なのか、見分けがつかないことが往往にしてある、ということだ。

まあ、あとでクソだったな、ってわかるんだけどね。
クソッタレ。

仕事の管理、どうしてますか

いままでの生活では、こんなに大小様々なタスクが生じることなんてなかったからなあ。

現状、そもそもタスクや新規の仕事の発生がメールで生じることが多いので、メールを基軸にした管理方法が私にとっては好ましい。スケジュール管理はGoogleカレンダを使用しているわけだが、そこにタスクも入れ込むことにした。いいところは、メールをドラッグすることで、メールに関連づけたタスクが生成できることだ(関連づけられたメールを表示させようとすると、なぜか失敗するのだが)。問題は見辛いことで、タスクはGoogleカレンダに表示されるが、タスクがありすぎて、ごちゃごちゃしてしまう。ディスプレイサイズにもよるのだろうが、1日のタスクがほんの数個で、本来のスケジュールが押しやられてしまう。いちいち開けないといけないので、ちとわずらわしい。

メール等で返事を確認しないといけない類のものについては、イメージとしてはリマインダなのだが、現状、Gmailからは直接関連づけてリマインダを生成できないようなので、タスクで処理している。これが非常に多いのだ。カレンダに表示させると、あっと云う間にその日のスケジュールを塗りつぶしてしまう。そのため、重要度を想定して、単純な待ち状態は週末など特殊な箱に入れて、他と区別せざるを得なくなった。もともと別のタスク管理ソフトを使用していたので、そちらからすべて移行させるのは無理かもしれないと思いつつある(Windowsで使えないので、そこをなんとかしたい)。

なかなかうまい方法は見つからないなあ。。。

RPAについて思うことを

RPAについて、思うことを書いておこう。

昨今、「働き方改革」の切り札というか、ソリューションのように扱われることが多くなって来たRobotic Process Automation(RPA)だが、AIへの高い期待も相まって、なかば魔法扱いされているような気がする。はっきり云ってしまえば、現時点でのRPAは、あくまでも「定型業務の自動化」にすぎない。そのツールをどううまく使いこなすか、という問題がRPAのメインテーマであって、残念ながら、万能のソリューション(解決策)ではない。RPAが解決するのは、いわゆる「手が足りない」という問題だけだ。

ある煩雑な業務があって、いつも「人手が足りない」と嘆いている部署があったとしよう。どこからか、RPAの話を聞いてきた。さっそく導入を試みる。セミナの事例紹介なら、ここで月数百時間もうかせてめでたしめでたし、なのだろうが、現実はそううまくいかない。ある業務は煩雑なままで、その煩雑さを紐解かずにRPAによって処理させようとすると、うまくRPA化することができずに、炎上することになる。問題は、「なぜ」業務が煩雑なのか、であって、それを解決せずにRPAを使って処理をブラックボックス化してしまうと、うまくいくはずがない。よしんば、その場ではうまくいったとしても、時が過ぎて世代が変わった時、誰もブラックボックスと化した業務の中身が分からず、後に残るのは炎上したロボットだけ、ということになるだろう。

RPAはほとんどのケースで直接的な解決策にはならない。RPAが解決するのは、「要件定義された作業に対する、純粋な労働力の不足」である。したがって、まずは業務の標準化、見直しが必要で、結局のところ、BPRをしましょう、という話になってしまうのだ。

人間の仕事はまだまだなくならないな、と思う次第である。