読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタカナ表記の名前

カタカナ表記の名前が嫌いだ。病院で、検査技師として仕事をする上では、ほとんどカタカナ表記の名前で済ませてしまえる。が、それでも私は名前のカタカナ表記が嫌いである。名前にこだわる理由は簡単、結局、その人を表すのは名前だからだ。

たとえば、番号で管理されるのがイヤだ、という理由で住基ネットに反対したひとがいるそうだ。不思議だと思う。本当はもっと違う理由だったのだろうが、もっともらしく(もっと人間らしく?)理由をでっち上げたのだろう。番号で管理しなければ、生じるデメリットのほうが圧倒的に大きい。ここに議論の余地はない。番号で管理しなければ、そもそも不可能だからだ。しかし、管理するだけなら、番号だけでも充分である。

では名前は不要かと云われれば、そんなことはないだろう。番号の向こう側には、必ず人間がいる。最終的には人間に利益を与えるためにシステムが存在する。だから番号だけの管理などありえないと思う。同じ理由で、カタカナ表記の名前が嫌いなのだ。個人的には、漢字表記が併記されていることが望ましい。病院で仕事をする上では漢字表記は不要だが、個人的にはぜひ欲しいのである。

漢字があって初めて、私は名前を認識できる。それは、そこに「意思」を感じるからであると言い換えてもいいかもしれない。(もちろん、ひらがな表記の名前にも意思が感じられるので、私に取っては好ましい)