読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超過勤務代休という概念は理解できない

超過勤務代休という概念はアホである。こんなものを考えたやつは、百万回も呪われるがいい。

平日に代休が取れるんだったら、最初から超勤してねーんだよ、アホか。
平日に代休が取れるんだったら、最初から休日勤務してねーんだよ、クソが。
(クソがとか云っちゃった)

上司に休みをください、と云えば、現場の事情が許す限りで休んでいいよ、という返答が返ってくるが、制度として代休を「とらせなければならない」のであれば、現場の事情が許すように調整するのは、上司の仕事である。現場の事情が許す限り(権利の範囲内で)休むことができるのは、労働者の当然の権利であり、上司がそれを阻むのであれば、それは別の問題となる。

そうじゃねーだろ、って云いたい。
超過勤務した代償に休まなければならないのであれば、現場の事情が許す許さん関係がない。繰り返すが、業務調整は上司の仕事である。