読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Youtubeの広告を見て思うこと

誰でもホームページが作れるようになった当初、ホームページを作成することが爆発的に流行った。ネット上には「日記」が溢れていた。そして誰もが簡単にパーソナルな趣味を共有できるようになり、やがてSNSが誕生した。誰もがメディアになることが出来るようになった、ある意味時代の転回点だったともいえる。

Youtubeを見ていると、最初期にそこで稼げる方法を見いだした何人かが「Youtuber」としてシンボルになっている。おそらく、そのうちにYoutubeそのものの衰退がはじまるだろうと予測される。最初期の勢いはなくなり、ゆるやかに落ち着いていくだろう。そして、もう爆発的な影響をもつyoutuberは出てこないのではないかと思われる。

「Youtuber」と「芸能人」はおそらく違う存在だ。いきつくところは本質的に同じかも知れないとは思うが、プロかアマかというのは致命的な違いだと思う。おそらくYoutubeには、素人の、どうでもいい動画があふれるだろう。もうあふれているかもしれない。そのうち、質の低い情報がごく一部の質の高い情報を駆逐し、つまらない空間になっていくに違いない。それを避けるための仕組みもあるけれども、やはりホームページ作成が流行ったときと同じように、繰り返していくに違いないと予測される。

誰でも出来るようになったからこそ、誰にも出来ないのだ。成功した結果しか見えていないから、簡単に稼げるように見えるだけで、「好きなことで生きていく」のは、格段に難しいに違いない。

まあ、それがシンボルの役割ではあるんだけれども。