理解と無理解の狭間

結局、理解できないのではない。
理解する気がないだけなのだ。