読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある小話

「昨日実家から電話があってさ」
 サンドウィッチをほおばりながら、横で同僚がしゃべりはじめた。さっきからしきりと、おかんの云ってることがわけわかんねえんだよ、とぶつぶつ云っている。
「急ぎでお金を下ろしたいんだけど、『キャッシュカードの慈悲が弱まってる』から、ATMで使えないんだってさ。なんだよ、慈悲って」
「まあ、ほんとにその通りかもしれないけど」
 僕はなんとなくオチが読めたので、苦笑しながら云った。
「磁気、じゃない?」