読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしないと仕事ができないか?

「だらしない」ことをして「仕事ができない」と判断するのは、典型的なヒューリスティックではあるものの、一理ある。

ようするに、「必要なことを一部やってない」からだらしないわけで、時間がないことは「必要なことをやってない」理由にはならない。必要なことなのだから、時間がないならないなりに対応する手段を考えるべきであり、「どうやって効率的に処理するか」考えていない証拠である。そのような人物は、従って、仕事であっても「効率的に処理すること」に対して無頓着である可能性が高い。

従って、だらしない人間は、おおむね仕事ができないと判断される。だらしなくても仕事ができる人間はもちろん存在しうるが、もったいないなと思う。