読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働き方を変えるためには、世代が変わる必要があるだろう


週休2日制は非効率だという証拠 - GIGAZINE

その方法とは会社を2つのチームに分割して分業制にすること。Aチームは月曜日~木曜日までを割り当てて、Bチームには火曜日~金曜日を割り当てます。この勤務シフトは毎週切り替わるため、週末は実質的に4連休になります。営業時間は8時~17時から7時~18時までに変更され、1日の労働時間は10時間に増えていますが、勤務日の病気欠勤も取得しやすい環境であり、全体の士気は急上昇。従業員は「8時間で週に5日働くより、10時間を4日働く方が良い」と、新しい勤務体系を好んでいるとのことです。

個人的には、病院現場にもこの考え方を導入して欲しい。
実質的に10時間以上働くなんてざらにあるし、基本的には10時間で4日働くほうが歓迎できる。とてもよい。検査業務だけなら8時間で終われるが、その他の業務が+αで加わると、とうてい8時間で処理できない。新しい問題は発生するだろうが、個人的には歓迎できる考え方だ。

まあ、保守的な日本では、しかも私の職場では、実現するのは何十年も先だろうが。