読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近藤誠氏は医学的に正しいか?

科学的に再現性のない事象は科学的に正しくない。まず、これは大前提だ。小保方さんの実験結果は、第三者が発表されたプロトコールに従って再現性することができなかったから、間違っていたとみなされた。間違った結果をさも正しいように意図的に装って発表したので、それは捏造だと見なされた。

医学も科学の一分野であることに異論はないだろう。医学論文にも再現性が求められる。医学的な主張には根拠が求められる。根拠が正しいかどうかには、再現性が求められる。誰がやっても再現されない医学的な結果は、少なくともその時点では誤りだとみなされる可能性が高い(し、実際に誤りである可能性も高い)。

医学的な主張を吟味するときに、感情と印象を混じえてはいけない。科学的に再現性のある結果かどうかを吟味するだけで良い。もっといえば、その主張をしているひとがどんなひとかも知っている必要がない。そんなことは、科学的な再現性とは無関係だからだ。

医療関係者なら、対談をやってるひまがあるなら論文を書くべきだ。そうやって自己の主張に再現性があることが認められれば、それ以上に強力な正しさの証明があるだろうか。自分は正しいと主張しても、再現性がなければ科学的には無意味である。

ときどき迫害される自分に酔っ払ってガリレオを気取るひともいるけど、酔っ払いはあいてにしちゃだめだよね。。。