読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザを舐めてはいけない

インフルエンザを風邪の延長だと考えてはいけない。

インフルエンザは風邪とはまったく異なるタイプの「感染症」だ。決して風邪の延長線上で捉えてはならない。ときどき体調管理が出来ていないからインフルエンザなんかになるんだという根性論でインフルを語る体育会系がいるが、即刻絶滅してもらいたいものだといつも思う。感染管理する上では、邪魔以外の何者でもない。

インフルを誤解しているひとは、従ってワクチンも軽視しがちである。ワクチンなど個人の自由だと思われがちだが、集団で接種することで集団が免疫をつけ、感染症を排除する目的もある。麻疹や日本脳炎などがそうだ。これらの感染症は、ワクチンがなければ制御することが難しい感染症であり、今日制御できているのはワクチンのおかげだといえる。

生の感染症にかかったほうが強い免疫が出来る、とうそぶくひともいる。そのまま取り返しのつかない後遺症が残ったら、どうするつもりなのだろう?ワクチンの副作用のリスクと、後遺症が残るリスクを、厳密に比較検討したことがあるのだろうか?感染症を体育会系に語る人を見ると話しが通じないなと思うし、ワクチンを否定するひとをみると、これはもうほっておくしかないなと思う。触らぬ神に祟りなしで近寄らないほうがよい。

そろそろインフルの季節である。厚生労働省にインフル啓発用のポスタがあるので、載せておこう。やや地味で、うーん、という感じではあるが。


啓発ツール|厚生労働省