間違いについて

間違いは発覚しないかぎり間違いではないと認識されている。
もちろん間違いは間違いであり、この間違いはのちに数十倍の規模になって発覚する。

(本日の教訓)