宗谷本線

headlines.yahoo.co.jp何年か前、北海道でブルベを走ったときに、足を痛めてDNFした。そのときに輪行でお世話になったのが、宗谷線である。たしか、音威子府から旭川まで輪行したのだ。ぼーっと景色を眺めながら、たしか2時間くらいゆらゆらと揺られていた…

熱意は強制できない

「皆が皆、あなたのように熱心に取り組んでいるわけではない」こんなことを云われた人がいるかもしれない(ほんとにいるのか?)。つまり、熱意や情熱は共有できるが、強制することはできないのである。馬を水辺に連れて行くことは出来るが、むりやり水を飲…

勉強の仕方

大人になっても、勉強の仕方がわからない、というひとが意外に多いことに驚かされる。というか、これはほんとうに理解できない。勉強の仕方がわからない???私はあなたが何を云っているのかわからない。勉強したいんだったら、勉強したらいいじゃん?何か…

どうしてこうなった

まあ、なんでこうなったのか、想像はつくけれども。

答えるべき問いはどこにあるのか

上司が「知りたいこと」にきちんとフォーカスしていないと、 部下は「答えるべき答え」が作れない。 上司が「何でも知りたい病」にかかると、 部下は「何にでも答えようと準備する症候群」に罹患して、疲弊する。 そして10年後、部下は「何でも知りたい病…

面接というもの

面接について、考える機会があった。たとえば、このような質問にはどのような意義があるのだろうか。 www.businessinsider.jp質問があるからには、質問をした意図があるはずだ。圧迫面接と云われる手法は、意図的に面接者に対して圧力をかけてその反応を見る…

ポンチ絵とはこれ如何に

ポンチ絵という行政用語がある。正確には行政用語ではないはずだが、なかば市民権(?)を得てしまって、ほとんど行政用語として扱われている謎の言葉だ。日本人はなんでもかんでも図示したがる傾向があって、うまいやつが一枚絵にすると簡潔かつ明瞭でわか…

レンズの中の世界

目標について

職場の定期面接で必ずといっていいほど尋ねられる「目標」について。いつも思うことだが、検査部としての目標が何なのか、検査部として達成すべき目標が何なのかがしっかり定められていなければ、「組織の中の一人(つまり組織の中で働く個人)」としての目…

仮想通貨に投資してみた

いま流行の仮想通貨に投資してみた。こう書くと、何かものすごいもうけが出るような響きがあるが、云ってしまえば「ギャンブル」である。私はこの分野ではthe perfect素人なので、どうやったらもうけが出るのかわからない。わからないが、この数日、集中的に…

何これ怖い。。。

なにこれ怖い。。。

採用について

「就職試験」や「面接」では、採用基準が明確にされないことが多い。自分がなぜ採用されなかったのか、明確に指摘されることなど皆無だと云ってもいい。これは明らかにおかしい。採用基準を明確にすることは、「私たちはこんな人材を欲しています」という意…

やたら必死な営業さん

さいきん、 「インターネットがお安く使える用意ができましたので、ご案内させていただきます」 とかゆー、意味不明の案内をたずさえてやってくる、やたら必死な「営業マン」の訪問が立て続いた。すべて同じような説明をするので、説明させた挙げ句に追い返…

OJTのコストは誰が支払うのか?

結論は、「顧客」である。日本のOJTなんて、「何もやってません」の言い換えみたいなもんだし、 だからそのコストは巡り巡って顧客が支払っていることになる、ということを常に意識したいところだ。

下灘駅にて

うにゃーん、かわいすぎィ。。。

人材の育成について

私は別に人材育成を語るべき立場の人ではないが、思いついたことがあるので少しだけ。組織の中で人材育成が語られる時、その方向性は「人材を育成したいと思っているひと」、つまりマネージャが語るべきである。検査技師であれば、スペシャリストを作りたい…

椅子の足を作る職人

別に「椅子の足ばかりを作る職人」がいたって、それは悪いことではないはずだ。だが、全体としてみると、必ずしもよいことばかりではない。ちょうどお役所がその状態で、ある担当者は、自分の担当ばかりを頑張ってこなしている。だが、自分の仕事が全体の中…

横並び思考

www.sankeibiz.jp日本企業がヒット商品を作れないかどうかはよくわからない。ソニーだってかつてはウォークマンを作ったわけだし、できないわけではないだろう。ただし、「病的なまでに徹底された横並び思考」をどうにかせんことにゃ、どーにもならんだろ、…

トランプ大統領は、大統領として成功するのだろうか

トランプ大統領は、大統領として成功するのだろうか。成功の定義にもよるだろうが、いまいち何か成果を出しているところを想像できない。イケイケで押せ押せが通用する世界でないのは当たり前のことだとして、では戦略的に動くひとなのかと云えば、どうして…

すごいか、これ

www.gizmodo.jpctrlキィを押しながら、↓キィを押してみることを推奨したい。3秒もかからない。まあ、自分の墓穴を9時間も掘り続けたと考えれば、単純にキツい作業であったことは想像に難くないが。 ちなみに、1,048,576は2の20乗である。2の16乗が65,536…

ハクメイとミコチ

ハクメイとミコチ 5巻 (ビームコミックス)作者: 樫木祐人出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/01/14メディア: コミックこの商品を含むブログ (2件) を見るどストライク。 面白くないひとには面白くないかもしれない、たぶん人を選ぶであろう作品。一年に…

プログラマ舐められてるよね、これ。。。

この条件で応募があるだろうという楽観さ。お気楽というに他はない。 www.j-cast.comこれが一般企業だったら、一発ぶん殴られて首が飛んでいるレベルの能天気さだと思う。担当者は、これでも「考えて考えて、考え抜いて策定しました」と云うかもしれない。止…

グラム染色画像

そういえば、肺炎球菌ってむかし生物の教科書に「形質転換」の事例として出てきたんだが、そんなことはすっかり忘れていた。R型菌とかS型菌とか、そういえば、そんなこと習ったなあ、くらいの、遠い記憶。肺炎球菌の写真は、もっとも美しいグラム染色像のひ…

ベーシックインカムは有用か

日本では、生活保護の不正受給問題などから、生活保護に対するイメージが凄まじく悪い。少なくとも、あまり生活保護のことをよく知らないひとは、ニュースなどを見て、いい印象は持っていないに違いない。ベーシックインカムは、生活保護とは根本的に異なり…

学問が生きる上で役に立つか

数学が何の役に立つかわからない、という意見をよく聞く。数学、理科、国語、社会、といった具合に、「機能別」に分割して教えた方が効率がいいし、学びやすい。そのため、学校では、ある程度の粒度のカテゴリに分けて、「体系づけて」教えられる。また、そ…

NHK、民営化してはいかが?

www.sankeibiz.jpおかしくないか? NHKが提示した案はイタリア公共放送が導入したもので、受信料の支払い率の向上が確認されたという。NHKの受信料の支払い率は77%にとどまっており、「テレビがない」として受信契約を結ばない世帯が引き下げている…

グラム染色像写真

接眼レンズ越しに撮ったのだが、なかなかいいのではないだろうか? ちなみに、ここに映っているレンサは、GBSである。

部分点に対して思うこと

頑張ったことを評価してほしいという気持ちはわかる。しかし、いまこれを呼んでいるあなたがもし学生だったなら、その気持ちはこれからなるべく感じないように、自分を矯正した方がよい。頑張ったことを評価されるのは大学入試くらいまでで、私はあの「部分…

雲海に沈む

うまく位置取りできなくて、迫力がないけれども。 阿蘇外輪から大観峰に至る道。 四季折々に訪れたい。

秋の山

時間と体力と勇気と根性があれば、縦走したいです。

残業

無駄な残業をしていない限り、20時一斉消灯したところで仕事がなくなるわけではない。従って、その仕事はどこかで消化しなければならない。当たり前の話しだが、一斉消灯の話題が出るたびに、また馬鹿な話ししているなー、と思う。早く帰らなければならな…

文句だけを言う人

愚痴るのが好きな人がいる。聞かされる方は「この人はなぜ問題を解決しようとしないのだろう」と不思議なのだが、どうやら、聞いてもらえるだけで満足らしく、一方的に話し終えると、たいていは満足してしまう。同じことを繰り返し愚痴るひともいれば、多種…

集中力というリソース

集中力というリソースは限られている。限られていて、かつ有用なものは、有効活用すべきである。自分の集中力が何によって妨げられているのか、簡単に判断するためのいい方法がある。10分ほど、座禅を組んで何も考えないようにするのだ。何も考えてはならな…

タブレットはいざという時に「使える」か?

DMATの訓練でタブレットを使うたびに思うことがある。タブレットって、有事の際に「使える」だろうか?個人的にはNo。まったくといっていいほど、使い物にならないのである。みんなよくあんなものでちょこちょことEMISを更新できるなあと感心する。とくにダ…

リハビリ勤務について

少し辛辣かもしれないが、この時点で私が感じていることを、「記録」として書いておこう。メンタルヘルスで復職したひとの勤務状況を、どのように考えるべきなのだろうか?もっと細かく言及するなら、「リハビリ勤務」とはいったい何だろうか?私は現時点で…

誤解はどちらに非があるか

誤解はする方に非があるのだろうか?それとも、誤解を与える方に非があるのだろうか?個人的には、両方だと考える。誤解を与える人は誤解を与えないようにすべきだし、誤解をしがちな人は正しく解釈するよう努めるべきだ。だが、あえてどちらに非があるかと…

研修

blogs.itmedia.co.jp習ったことの「適用」が現場に丸投げされている点が、画一的な研修の大きな問題点のひとつだと思われる。それは以前にも書いた(2016-09-09)。つまり、どのようなことであれ、しかも有益で、意外性がある方法ほど、習ったことは役に立た…

先人の知恵

「先人の知恵」について、どうこう云うつもりはないけれども。先人の知恵からしか学ぶことが出来ないなら、そりゃ年を食えば学ぶことが少なくなっていくから、相対的に思考の柔軟性が失われ、馬鹿になっていくのもしゃーないわなぁ。残念だけど、つける薬は…

www.youtube.comああ、すばらしい。私がみたサイトでは「天才少女」と銘打っていたけれども、天才かどうかはわからない。 仮に天才ではなかったとしても、この研究の価値は、いささかも減じるものではない。

価値ある人

自分に価値がないのではないかと不安になるひとは、そのままだとたいていそのひとが思っているような「価値」はないので、それを伝えた方がいいのかどうか、かなり真剣に悩むところではある。それをそのまま伝えたら、そのままぶっ壊れそうだしなー、でもち…

Crushing carbon fiber with hydraulic press

www.youtube.comカーボンファイバーなのだから、当然の結果なのでは?

方法論にこだわらない

みんな、「所定の手順」が大好きである。これはなぜなんだろうと、以前から不思議だった。微生物の世界にも、じつは公定法がある。みんなが同じ手順で検査を実施することで、結果が一定の水準で保証される。独自の手順を入れ込むと、こんどはその独自手順が…

実のある会議

会議のエライひとから、「テメーラ報告がなげーんだよ。もっと短くしろ」とお達しが出た。ちなみにこの会議は、私は出席していない。にも関わらず、こっちにお鉢がまわってきた(「お鉢が回る」とは本来いい意味のはずなんだが)。会議でいちいち資料を読み…

グループワークは「そんなに」大切か?

研修におけるグループワークの重要性は否定しません。その上で、思うことがあります。何か重要なことを学んだとしましょう。どのようなことも、使えなければ意味がない。だから、グループワークで意識的に活用し、実感する。そしてそこから得られたことを、…

空間系魔法の怪

www.tv-tokyo.co.jpうーん、もういい加減にこういうのやめようぜ。。。こんなもん、フツーに考えて臨床試験しようがないだろ。加えて、臨床試験がどう結論してようが、隣でごほごほやられたら空気清浄へったくれもないし、そもそも屋外とかの広大な空間だっ…

Sunriseのサービス終了について

8月31日でサービス終了と聞いていたが、現時点で使えているようだ。終了が延期されたのか、そもそもこの状態がMSが云うところの「サービス終了」に該当するのか、いまいちよくわからない。このSunriseは非常に便利なサービスであり、なぜこのサービスを終了…

言いなり

日本は米国の言いなりになってはいけない、という意見を多く見かける。まあ、その通りだとは思う。誰かの言いなりになって生きるということは、自分の人生を生きていることにはならない。他人のために生きている。それが自分の人生だと錯覚しているひとはい…

君の名は

方言で「君の名は。」集めてみた!1枚目 青森ver.2枚目 沖縄ver.3枚目 播州弁ver.4枚目 関西弁ver. pic.twitter.com/LRKpia49xU— 映画情報【新作・オススメ】 (@eiga_shinsaku) 2016年8月27日 私の感覚では、「君の名は」は朝の連ドラなんだが。。。まあでも…

話しを聞いてほしい?

聞いてもらえるだけでうれしい、というひとがいる。そういうひとは、地面の穴に向かってしゃべっていても、うれしいのだろうか。さすがにそれはないだろうと思うが、たとえば、そういうひとは、まったく自分と関係のない6歳児に聞いてもらってもうれしいの…

ある小話

電話から聞こえてくる声を、「こんなものから人の声が聞こえてくるなんてありえない。これは悪魔のささやき声だ」とか主張する人がいないのは驚きである。 たぶん。