想う

すごい暴論を書くけれども。いろいろあったんだけど、いまは結構真面目に思う。向いているかもわからないのに、こうと決意して、 つらい受験もクリアして、年単位で勉強して、 時間を作りながら試験勉強して、クリアして、 そして真面目に勤め上げる。 自己…

RPAについて

かなり暴論であることを先にお断りしておく。RPAのブラックボックス化は、委託した業務がブラックボックス化するのと、構造的に何も変わらない。委託と役割分担は、結果はいっしょでも、ニュアンスがまったく異なる。委託先に預けた業務を、「委託先が処理し…

要件定義の底なし沼

やってみればすぐにわかることだが、「なんでこんなクソ仕様になってるんだ!?」という多くのことは、その機能に対して責任を持っていた人が、じつはほとんど「当事者」ではなかったことに起因している。つまり、本当は「自分の問題とは思っていなかった」…

ブラックボックス化

業務をRPA化しようとするときに問題になるのが、ブラックボックス化である。RPAにやらせる部分がブラックボックスになりやすくなるため、ちゃんとドキュメンテーションして任せっきりにしないようにしないといけない、という話だ。だが、まわりをよく見てち…

Python備忘録

MACでpipをアップデートするとき。 pip3 install --upgrade pip pip3 install --upgrade pip3 である。なんでやねーん。

モヤモヤの真理

もやっとしているところには何かがある。 モヤモヤするなら、絶対に放置してはならない。そのモヤモヤは霧ではなく、煙だ。 何かが炎上しているから、煙が出ているのだ。

ときどき走ろう

沖縄にて

探し物の極意

あると思っていたものは、そこにはない。 そこにはないと思っていたものは、きっとそこにある。

最近よく思うこと

置かれている立場の違いが、ときにゴミをピカピカに磨くような、クソみたいな仕事を生み出してしまう。 クソはクソで、いくら磨いてもクソ以外の何ものにもならない。厄介なのは、私には「それ」が、クソなのか、竜涎香なのか、見分けがつかないことが往往に…

仕事の管理、どうしてますか

いままでの生活では、こんなに大小様々なタスクが生じることなんてなかったからなあ。現状、そもそもタスクや新規の仕事の発生がメールで生じることが多いので、メールを基軸にした管理方法が私にとっては好ましい。スケジュール管理はGoogleカレンダを使用…

RPAについて思うことを

RPAについて、思うことを書いておこう。昨今、「働き方改革」の切り札というか、ソリューションのように扱われることが多くなって来たRobotic Process Automation(RPA)だが、AIへの高い期待も相まって、なかば魔法扱いされているような気がする。はっきり…

なんのために?

よく、なぜ自転車に乗るのか、聞かれる。 まあ、これで理由としては十分だと思うのだが。秋吉台

相貌失認

blogs.itmedia.co.jp実は私もまったく同じである。ここに書かれていることは、ほぼすべて当てはまる。ただまあ、相貌失認だとまでは思ったことはないかな。目が悪くなっても、仕事中はほとんどメガネをかけない理由がコレである。裸眼で0.5程度あるのでまっ…

人工知能は職を奪うか?

いろんな意見があるだろうが、結果として「職は奪われる」かもしれない。そもそも労働人口が減少しているため、「社会が必要としている労働量」が変わらず、「労働人口は減少する」なら、「労働人口単位の生産性を上げる」しか対応する方法はない。そこに「…

写真

ときどき無茶してでも予定を組んで、山に登りたくなる。

職人は不要か?

以前とは逆のことを書こう。人工知能が発達すれば、職人は不要になるかもしれないと書いた。結果として、おおむね不要になってしまうという未来は避けられないように思う。おそらく単純作業を繰り返す職業は、職業として成り立たなくなる。ここでいう「職業…

ルートラボ怖い

ふだんツーリングの記事は書かないのだが、誰かの役に立つかも知れないので、ちょっとだけ困ったことを書いておこう。 (別にツーリング記事を書かないと決めているわけではないが。。。)私はふだん自転車でツーリングする時、ルートラボを使ってコースを決…

余剰人員をSEに配置転換とか、寝言ですか?

www.yomiuri.co.jp馬鹿馬鹿しい話だと思う。 富士通は26日、2020年度までにグループ全体で5000人規模の配置転換を行うと発表した。対象となるのは総務や経理などの間接部門で、研修を通じて営業職やシステムエンジニアとして育成する。IT(情報…

テンプレート

テンプレートって、けっきょくデザインとかをお任せして中身に注力しようぜ、って仕組みのはずなんだが、 なんでテンプレートのかっこよさが売りになるわけ? 本末転倒じゃね?

パスワードの変更について思うこと

パスワードを定期的に変更することは意味がない、という議論「も」ある。答えのでない、めんどくさい議論だ。そもそもパスワードを定期的に変更するのは、セキュリティをより強固にするためである。問題は運用だ。破られやすい安易なパスワードを使い回した…

職人は不要か

「職人」が不要になってしまった。AIの台頭を見るにつけて、そう思う。個人的には認められないが、もはや「一つのスキルを極限まで磨き上げる」必要性がほとんどない。基本的に、反復する動作はすべて(ある程度のレベルで)機械化できてしまうため、作業の…

コミュニケーション

チームでまずいのは、コミュニケーションが途絶えることだ。たとえば、いつまでも悶々としながらひとつの問題にひっかかっているメンバがいたとする。新人なら勉強がてらそのまま迷わせておいてもいいかもしれないが、それが通用するのは、新人がたたき出す…

システムというもの

「お手上げです」と云わないのがプロのプロたる証だとすれば、システム保守の現場は、あまりにも考え方が違いすぎる。システムはいちど稼働すれば「間違いなく」動き続けるものだというのは誤解である。むしろ、あんなものが「間違いなく」動き続けているこ…

電子カルテの導入に対して思うこと

電子カルテの導入を行う際には、まず、「カスタマイズするという選択肢を捨て去る」ことが大切だ。綺麗さっぱり捨ててしまって、既製品のパッケージに合わせて仕事をすると決めてしまう。そこから、「そもそもこの業務って。。。」と考え始める。大切なのは…

ワン・チーム

チームで成果を出す、ということについて、よく考えるようになった。 だが、ここで何気なく口にする、「チーム」とは、何を指すのだろうか?どこまでがチームメンバなのだろうか。 それは、いわゆる「身内」とは違うのだろうか。たとえば、「正規職員」と「…

答えはあなたの中にしかない

たとえ相談されたとしても、「答え」を提供することは出来ない。答えは相談を持ちかけてきたヒトの中にしかない。これはべつに言葉遊びでも何でもなくって、そのまんま、その通りなのだ。相談されたヒトの中には、相談者が抱えているような課題、問題は存在…

この道しか選べない

よく、あとから過去を振り返ってみて、「ああ、人生無駄なことなどなかったな」という感想を聞く。私自身も、何度か経験がある。過去に趣味でやっていたことが意外なところで役に立ったり、自分の方向性を決めたりする。だから、過去を振り返ってみて、「あ…

目的と評価

「その境遇に対する、君の考えは?」僕は尋ねた。 「境遇に対する評価は行いません。目的が設定されて初めて、それを実現するための環境を評価することができます」森博嗣 著: 「血か、死か、無か」 目的は大事なファクタだ。目的を定めることで、はじめて…

裁量労働について思うこと

働き方改革の一環として裁量労働を導入することについては、あまり効果が上がらないであろうと予想。モノづくりを基本とする生産業には、あまり向いてないのではないかと思う。いまでも裁量労働制は一部の業種に適用されているが、おおむね「形のない価値を…

あたしランドヌールだから

あたし ランドヌールだから⁰あたし ランドヌールだから眠れていたのよ ランドヌールになるまえ⁰夜は友達と遊んで 朝までぐっすり⁰考えるのは楽しい毎日⁰⁰今は十五分だけ仮眠して 走ることばっかり⁰甘いウィダー食べて⁰ウェアは速乾性のもの⁰あたし ランドヌ…